ログイン
メルマガ登録
入会する

日経225のサイン配信、株予想を行っている投資顧問。投資情報とオススメ株なら暁投資顧問へ。

メニュー
 

隠れQE

2020年1月22日FRB総資産

FRBによる資金供給が株高の源?

 

 

 

2020年1月22日FRB総資産

 

 

どうも、平下です。

 

1月21日休場明けの米株式市場ではダウが若干下落しました。

 

しかし、構成銘柄のボーイングが5%超下落したことを考慮すると微調整といって差し支えない下げ。

 

上昇を続ける米国株に対し、弱気な声はほとんど聞こえません。

 

証券会社のストラテジストやアナリストは基本買い方で上がっても下がっても買いという方が多いです。

 

ただ、2019年まで米国株に慎重な見方をしていた著名ファンドマネージャーや投資家も、

 

目先の米国株に対しては強気な方が増えました。

 

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード、

 

アパルーサ・マネージメントのデビッド・テッパー、

 

ブラックストーンのバイロン・ウィーン、ジェレミー・シーゲル、

 

スタンリー・ドラッケンミラー、ジム・ロジャーズ、名だたる顔ぶれです。

 

彼らが目先上昇が続く根拠として1番に挙げているのがFRBによる流動性供給、金融緩和です。

 

上掲のグラフはFRBの総資産推移です。

 

確かにバランスシートを拡大し始めた昨年9月辺りから米国株の上昇が続いています。

 

じゃあもう永久にバランスシート拡大しとけよという話ですね^^

 

そうすれば株価もこの先ずっと上昇が続くだろうと言いたいところですが・・・

 

 

 

2020年1月22日日銀総資産

 

 

 

日銀のバランスシートを見るとほぼ一貫して右肩上がり。資金供給をを延々続けているではないですか。

 

しかし、日経平均株価もTOPIXもまだ2018年の高値を超えていません。

 

これを見ても金融緩和さえやれば株価が上がるというのは無理があるように思います。

 

過剰流動性相場を侮る訳ではありませんが、金融緩和=株高と短絡的に解釈せず細部を見ていきたいですね。

 

大金を動かすファンドマネージャーや投資家が挙って強気な状況で、それに抗うのは難しいです。

 

幾ら自分の中に違う思考が存在しても毎日のようにそうした声を聞いていると、

 

自分の考えが間違っているような気もしてきます。

 

ただ、彼らの言うとおりになることもそうありません。

 

この金融緩和を続けた顛末がどうなるのか分かりませんが、

 

様々な指標を見ながら自分なりに考察を続けて参ります。

 

 

暁投資顧問 平下

 

 

******************************
暁投資顧問では・・・株式予想とテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を
動画で行ってます!YOUTUBEのチャンネル登録
https://www.youtube.com/channel/UCOfzLmXpI3qmZfV7_Cs1sYA

最先端のマーケット解説と、即日騰がる!動画銘柄、
即日利益の先物・オプション動画ポジションで

暁投資顧問の実績

暁投資顧問に寄せられたお客様の声

******************************

株ブログ運営 暁投資顧問からのお知らせ

電話番号

私達暁投資顧問投資の寺子屋が負けない投資家へ育てます。
まだご入会検討中の方はお客様の声、投資顧問にご入会された先輩方の生の声聞いてみませんか??
各コースの概要とサンプルアドバイスはこちらからどうぞ。
お試し入会はいつでもどうぞ!クーリングオフで徹底的にフォローします!返金します!

300件以上を超えるお客様の声はこちらから
全て見ることができます☆

https://www.akatsuki-toushi.com/news/voice-all/

 

常に満員!暁投資顧問のリアルセミナーの様子はこちらからどうぞ!
※セミナー写真
E9406E9B-9EBC-4820-9B7C-464685A124B0C293F6B5-8E52-48ED-8238-AFFC69A0964D

 

にほんブログ村 株ブログへ

 

いつもブログにアクセスして頂きまして ありがとうございます。
もし今日のブログ記事が投資の参考になりましたら大変お手数ですが
こちらのバナーをクリックして暁投資顧問の応援をして頂けますと幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

無料メールマガジン登録

 
 
(必須)


空メールだけでも登録出来ます