ログイン
メルマガ登録
入会する

株式、日経225先物の投資情報提供、資金運用、株式投資、投資情報、投資助言eaderは暁投資顧問にお任せ下さい。

メニュー
 

OP300 COURSE|OP300コース

OP300コース実績

OP300コースとは?

 
 

OP300コースは、OP100コースよりご資金のある方向けのコースとなります。
OP100コースが証拠金100万円を基準値として運用するコースであり、OP300コースは証拠金300万円を基準値として運用するコースとなります。
OP100コースとは担当者も違えば、相場観も違う。まったく違う味のコースとなっております。
100万円と300万円では、使える戦略の幅も違ってきます。
当コースでは、色々な戦略パターンも用いますので、OP100とは一線画しております。
勝率の高い売買シグナルも魅力のひとつ。
2014年のパフォーマンスは 2015年のパフォーマンスはです。
OP300コースのストラテジーとしては日経225オプション取引の戦略を使います。

OP300コースとは

日経225オプション取引の基本(300コースの場合)

 
 

コール買い

【SQ値が14,000円だった場合】

14,000円(SQ値)> 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を上回っているため、コールオプションの買い手は権利を行使します。

(14,000円(SQ値)-12,000円(権利行使価格)-40円(プレミアム)) ×1,000倍(日経225オプションの取引単位)×1枚(取引枚数)=1,960,000円(利益)

【SQ値が14,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

10,000円(SQ値)< 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を下回っているため、コールオプションの買い手は権利を放棄します。

損失額は当初新規買いをした金額の40,000円となります。

※利益に対しては申告分離課税で雑所得となります。

【SQ値が10,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

コール売り

【SQ値が14,000円だった場合】

14,000円(SQ値)> 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を上回っているため、コールオプションの買い手は権利を行使します。コールオプションの売り手は買い手が権利を行使した場合、必ず応じる義務があります。

(12,000円(権利行使価格)+160円(プレミアム)-14,000円(SQ値)) ×1,000倍(日経225オプションの取引単位)×1枚(取引枚数)= -1,840,000円(損失)

【SQ値が14,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

10,000円(SQ値)< 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を下回っているため、コールオプションの買い手は権利を放棄します。
したがって、当初受け取ったプレミアムがオプションの売り手の利益となります。

160円(プレミアム)×1,000倍(日経225オプションの取引単位)×1枚(取引枚数)=160,000円(当初受け取った金額)

【SQ値が10,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

プット買い

【SQ値が14,000円だった場合】

14,000円(SQ値)> 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を上回っているため、プットオプションの買い手は、権利を放棄します。

損失額は当初新規買いをした金額の305,000円となります。

【SQ値が14,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

10,000円(SQ値)< 12,000円(権利行使価格)
権利行使価格12,000円で売れる権利を保有しているため、その差額分が利益となります。

(12,000円(権利行使価格)-10,000円(SQ値)-305円(プレミアム))×1,000倍(オプションの取引単位)×1枚(取引枚数)=1,695,000円(利益)

※利益に対しては申告分離課税で雑所得となります。

【SQ値が14,000円だった場合】 【SQ値が14,000円だった場合】

プット売り

【SQ値が14,000円だった場合】

14,000円(SQ値)> 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を上回っているため、プットオプションの買い手は、権利を放棄します。
したがって、当初受け取ったプレミアムがオプションの売り手の利益となります。

505円(プレミアム)×1,000倍(日経225オプションの取引単位)×1枚(取引枚数)=505,000円(当初受け取った金額)

【SQ値が14,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

10,000円(SQ値)< 12,000円(権利行使価格)
SQ値が権利行使価格を下回っているため、プットオプションの買い手は、権利を行使します。
プットオプションの売り手は買い手が権利を行使した場合、必ず応じる義務があります。

(10,000円(SQ値)-12,000円(権利行使価格)+505円(プレミアム))×1,000倍(オプションの取引単位)×1枚(取引枚数)=-1,495,000円(損失)

※利益に対しては申告分離課税で雑所得となります。

【SQ値が10,000円だった場合】

【SQ値が10,000円だった場合】

コースの特色

 
 

1.証拠金300万円以内で様々な合成ポジションを構築

100万円と300万円では、使える戦略の幅も違ってきます。
100コースでは持てないカレンダースプレッド、リバースカレンダーなど高度な合成ポジションを構築、助言することが可能です。
また、助言担当者も違います。

1.証拠金300万円以内で様々な合成ポジションを構築

2.先物のシグナル

225先物ラージ1枚で逆張りトレードを中心に助言しております。
年に数回しか出さない希少なシグナルですが、その分精度は高いです。
いままで2回しかロスカットしていない勝率が高いシグナルです。

2.先物のシグナル

3.OP100コースとの併用でより安定的なシナジー効果

100万円で12500円コール買い1枚13000円コール売り3枚だと通常数十万円の証拠金がかかり、残り50-60万円で仕掛けを行わないといけませんが、OP300コースの場合はさらにここから13000円コール買い、13500円コール売り等の追加のポジションも保有することが出来ます。
OP100万円コースの相場観&シグナル配信、OP300の先物シグナル配信のダブルシグナルで先物でも勝利の方程式を掴めるかもしれません。

3.OP100コースとの併用でより安定的なシナジー効果

1.デビットスプレッドの買い助言

 
 

11/26 16:30~にプットオプションのデビットスプレッドと、コールのクレジットスプレッドを組み合わせた合成ポジションを全会員に助言致しました。
P19000円に対してP18000円を2枚売りにしています。
ここからマーケットは下落を行うが、18000円割れまではいかないと予測した助言になります。
同時に12月限のバーティカルスプレッドも助言しています。証拠金300万円だとここまで大きなポジションを持つことが出来ます。
以下が実際に出した助言のメールです。

取引具体例 取引具体例

その後、マーケットは下落基調に転じました。
12/10日に決済助言を行っています。

取引具体例

P19000 11/26日仕掛け 12/10日決済
215円→445円
+230000円

2.先物シグナル助言

 
 

1/21 16:30に逆張りの買いシグナルが点灯したことを全会員にアナウンス致しました。
オプションではなく先物での買い助言となります。
以下が実際に出した助言のメールです。

取引具体例 取引具体例

その後、翌日にマーケットは暴騰。翌日の寄り付き値は決済指値よりも高かったため、すぐさま返済助言を全会員に助言致しました。

取引具体例

15950円買い→16650円 +700円。
225先物ラージ1枚換算 70万円の利益達成。

コースから選ぶ

 
 

OP100 コース

初心者向け 玄人向け

弊社のオプショントレードの達人のマネをするだけで難しいといわれるオプション取引を勉強しながら助言を受けることが出来るコースです。

OP300 コース

資産家向け

もう一人の日経225オプショントレードアドバイザーによる助言コース。戦略・手法もOP100コースとは違う上、独特な切口が魅力。

リンリンシグナルコース

初心者向け 忙しい人向け

日経225先物の寄り引けシグナルとなります。1日1回朝注文したらほったらかしトレードです。難しいことは一切無し。日経平均の上がる、下がる予想し、配信します。

成果報酬コース

玄人向け

成果報酬コースはご郵送での対応になります。詳しくは成功報酬コースの契約締結前書面をご確認下さい。
まずはお電話からお問い合わせください。

デイトレードコース

短期集中型

デイトレ専門コースとなります。 このコースで個別株と先物のデイトレード売買助言が受けられます。

株ビギナーコース

初心者向け 玄人向け

今からでも株を始めたい!という方にオススメしたい株専用コース。

株プロコース

短期集中型

株取引助言に力を入れる弊社が送る新コース。
旬のテーマ性に乗っていて、上値余地も充分に見込める銘柄を厳選チョイスできます。